「いつから世界中に人間がくらすようになったの?」 理科好きな子に育つ不思議のお話365を読んだ感想

私は、理科好きな子に育つ不思議のお話365の「いつから世界中に人間がくらすようになったの?」を読みました。

今日はその感想を言います。少し本に書いてあったことを言います。

➀人間だけが世界のあちこちに

世界には寒いところや暑いところ、からっと乾燥したっところやジメジメと湿度の高いところなど、いろいろな地域がります。高い山で囲まれていたり、太平洋に浮かぶ島だったりと、場所もさまざまです。人間はこうした場所のほとんどで暮らしています。実はこれ、動物としてかなり”かわったこと”です。鳥類にも爬虫類にも両生類にも、これほどまで、地球のあちこちで暮らしいる種はいません。人間だけが、世界のあらゆるところで暮らしているのです。

引用:理科好きな子に育つ不思議のお話365

私は、動物も人間と同じように、世界中のいろんなところで暮らしていると思っていたけど、人間が”かわったこと”なら動物はいろんなところで暮らしていないということなので、これはビックリしました。

②が1番すごいところなのですごいところだけをいいます。

②は私たちの遠い祖先は、アフリカで生まれたらしいです。

これはみんなの祖先がそこにいたから、アフリカにしかいないということは、まだそのころは人間があまりいなかったということだと思います。

あと1つすごいところがあるので言います。

それは、5万年ぐらい前に寒さにたえられる服や「歩く」しか移動する方法しかなかったけど、また5万年前ぐらい前から「船」ができたそうです。

これもすごいなと思います。

だって、服にかんしては、その時はまだぬのとかがなかったと思うので、布のない時代でなのにどうやって服を作っているんだっろうと思いました。

でも昔はそれが普通だったので、いまの時代はとても便利だと思います。

船にかんしてはきんぞくとかも全然なかったはずなのに、たぶん、木でどうやって船を作っていたんだろうと思いました。

ちなみに、きんぞくがあったのかな?って思って調べてみると、きんぞくはなくて、石のようなもので切っていたそうです。

こんな感じで不思議がいっぱい書いてあって面白いのでみなさんも読んでみてください。

「猛スピードで泳ぐ小さな生き物」 理科好きな子に育つ不思議のお話365を読んだ感想

私は理科好きな子に育つ不思議のお話365の、「猛スピードで泳ぐ小さな生き物」を読みました。

とても小さい生き物で、私のまだ知らないたんいが出てきていてなんかすごいお話なので最後まで読んでみてください。

少し本にあったことを言います。

➀目に見えない小さな生き物

海や川には、たくさんの魚たちが泳いでいます。魚以外にも、タコやエビ貝やクラゲなど、いろいろな生き物がいますね。そうした目に見える生き物以外に、目に見えない生き物もいます。目えないといっても、透明なわけではありません。小さすぎて、見えないのです。小さな生き物たちは、べん毛やせん毛と呼ばれる毛を使って泳ぎます。まるで動物の手足のようです。そして、住みやすい場所に移動したり、結婚相手を探したりします。

引用:理科好きな子に育つ不思議のお話365

 この小さな生き物を私は1度見てみたいです。

なんか、その生き物たちは、前に虫の触覚みたいのがあって、それで、体は透明になっていて、その中に、人間でいうと、脳みそみたいなのが入っています。

この絵は、あとで貼っておきます。

ここからが1番ビックリしました。②は少しながいので、ビックリしたところだけ言います。

②のビックリしたところは、2つあって、1つ目は、「ミリメートル」よりも、小さいたんいがあったということです。最初にも言ったけど、ミリメートルよりも小さいたんいがあって、そのたんいの名前は、「ミクロン」です。それで、その小さい生き物は10ミクロンです。ミリメートルより小さかったら、それはもう手でもあらわされへんかったら、絶対に、目のめっちゃいい人でも見えないと思います。

2つ目のビックリしたことは、50メートルのプールを1.7秒で泳ぎ切るということです。

ということは人よりも速いということになるので、めっちゃ速いですね。

小さいけどそんな能力があるということが知れてよかったです。見た目は関係なかったのでビックリしました。

こんなふうに不思議なお話がいっぱい書いてあるので、みなさんも読んでみてください。

f:id:Cherry-channel:20200330122949j:plain

 

「ハチはどんなふうい人の役に立っているの?」 理科好きな子に育つ不思議のお話365を読んだ感想

私は理科好きな子に育つ不思議のお話365の「ハチはどんなふうに人の役に立っているの?」を読みました。

今日はその感想を言います。少し本に書いてあったことを言います。

①みつを集めてくれる

ミツバチはみつを集めてきてくれ。そのみつを人は利用しています。養蜂業といって、ミツバチをかい、花からみつを集めさせ、そのみつを売ることを仕事にしている人たちがいます。中でも女王バチを育てるローヤルゼリーは、きちょうな食べ物として高い価格で取引きされています。ミツバチは、はちみつや、ローヤルゼリーを人に提供することでやくにたっているのです。

引用:理科好きな子に育つ不思議のお話365

 なんか私はローヤルゼリーが入ったものは食べたことがないので1回食べてみたいです。

それでローヤルゼリーは「ゼリー」ってつくからゼリーみたいなプルプルしたものなのかなと思いました。それで私がローヤルゼリーのことを聞いたらお父さんが「あめとかお肌とも使われてる。」って言ってたからもしかしてローヤルゼリーがはいったあめとかを食べていたかもしれないのでビックリしました。

とても不思議なことがいっぱいかいてあったのでみなさんも読んでみてください。

「雪が多い場所、少ない場所」 理科好きな子に育つ不思議のお話365を読んだ感想

私は、理科好きな子に育つ不思議のお話365の「雪が多い場所、少ない場所」を読みました。

このお話は、私が知らない言葉がいっぱいかいてあるけど、でも、1つだけ本にのっている絵を見たらわかったことがあったので紹介します。

まずは少し本に書いてあったことを言います。

➀雪が多いのは日本海

雪がたくさん降る場所は、北海道から中国地方まで、主に、日本海側にあります。例えば、冬の寒い時期、関東地方の太平洋側では晴れた日が続き、あまり雪が降りません。ところが、同じ時期に、あまり遠く離れていない新潟県富山県、石川県などの日本海側の地域では、たくさんの雪が降ります。日本は細長い島国なのに、そのはばのせまいところで、どうしてこのようなはっきりとした気候の違いが表れるのでしょう?気候が分かれているのは、日本列島の真ん中に、高い山々が背骨のように連なっているからです。

引用:理科好きな子に育つ不思議のお話365

 ここまでも私は全く知らないので何を言っているのかが全然分かりません。

でもやっと②の絵でわかることがありました。その絵はまた下に貼っときます。

でも②は文章が長いからわかったことだけを言います。

②で分かったことは、大きなやまがいっぱいあって、そこに雪がぶつかると向きが上向きになって、雪雲はますます大きくなっていくということだけが、②で分かりました。

知らないこともあるけどこの本で覚えれて不思議で面白いので読んでみてください。

f:id:Cherry-channel:20200328125231j:plain

 

 

「最初に目をもった生き物はなんだ?」 理科好きな子に育つ不思議のお話365を読んだ感想

f:id:Cherry-channel:20200327123314j:plain


私は、理科好きな子に育つ不思議のお話365の「最初に目を持った生き物はなんだ?」を読みました。

少し本に書いてあったことを言います。

➀レンズが集まっている

動物の目は大きく2種類に分けられます。私たち人が持つような目と、昆虫が持つような目です。私たちの目は1つのレンズでできていて、動かしていろいろな方向を見ることができます。一方昆虫の目は、小さなレンズがたくさん集まっていて、目を動かさなくても広い景色が見られるようになっています。最初に生まれたのはどちらのタイプの目だったんでしょうか?化石を調べると、目を持つもっとも古い動物は、今から約5億2000万年前ごろに生きていた三葉虫という節足動物でした。その目は昆虫とおなじように、小さなレンズが集まって作られていたのです。

引用:理科好きな子に育つ不思議のお話365

 

なんか「三葉虫」って少しいいにくですねー

 でもあとで写真をのせるけどなんかいつも言ってるけどちょっと気持ち悪いです。

でもめの色は、奇麗でした。今から約5億2000万年前にその「三葉虫」が生きていてすごい昔だけど今も生きてたら見てみたいけどもう生きていないらしいです。

皆さんも不思議がいっぱい書いているので読んでみてください。

世界1深いところにくらす魚のお話 理科好きな子に育つ不思議のお話365を読んだ感想

私は、理科好きな子に育つ不思議のお話365の「世界1深い所に住む魚のお話」を読みました。

今日はその感想を言います。少し本に書いてあったことを言います。

➀浮袋を持たない

水深数千mを超える超深海。ここは、太陽の光がとどかず真っ暗で、水圧がとても高く、エサとなる生物もあまりません。地球上でも生きていくのが、かなりきびしい場所です。しかし、こんなところでも、ちゃんと暮らしている魚がいます。それが、シンカイクサウオです。深いところで暮らすシンカイクサウオは、浅いところでの魚とは、ちょっと違っています。シンカイクサウオには、多くの魚が体の中に持っている、浮袋がありません。みなさんも海で、ぷかぷか浮いていたい時、浮き輪を使ったことがあるでしょう?同じように、浮袋があれば、魚は、自分の力を使わなくても、自分のいたい深さで、楽に浮いてられるのです。しかし、空気がたくさん入っている浮袋は深海ではやくに立ちません。水圧がとても高いのでつぶされてしまうからです。

引用:理科好きな子に育つ不思議のお話365

 私は深海の魚のことは1度も考えたことがなかったので、初めて聞いた話なので、ビックリしました。

さいしょはあまりすごいなとは思わなかったけど、でも、このブログを書いていたら、なんだかすごいなと思えてきました。

みなさんも知らないことがいっぱい書いてあるので、読んでみてください。

「キノコって野菜じゃないの?」 理科好きな子に育つ不思議のお話365を読んだ感想

私は、理科好きな子に育つ不思議のお話365の「キノコって野菜じゃなの?」を読みました。

私は野菜だと思います。少し本に書いてあったことを言います。

➀キノコは植物でも細菌でもない

キノコはカビや、酵母と同じ「菌類」の仲間です。昔の教科書では、菌類は植物のグループに含まれていました。キノコは植物と同じで動きませんから、同じ仲間だと思ってしまうのも無理はありません。しかし、それぞれに生き物の遺伝情報が調べられるようになって、実はキノコは植物はないことが明らかになったのです。だから野菜とはいえません。そして驚くことに、キノコは植物よりも動物に近いことがわかってきました。

引用:理科好きな子に育つ不思議のお話365

 スーパーでは野菜売り場のところにあるけど、でも動物に近いということは何かが動いたりするっていうことなのかなと思ったので調べてみると、キノコの細菌が動物のように動いている動画を見つけてみてみたらなんかほんまの生き物みたいでした。

それで、エサがなかったときは、そのキノコの細菌同士がくっついて団体で動いていました。そしてエサを見つけたらみんなはなれていました。それで、日にあたっていました。ちょっと気持ち悪かったです。

皆さんもちょっと気持ち悪いけど、動画を見てみてください。